VEXXCOINフィンテックを通じたpayサービス | モバイルゲーム | 取引所運営

これから私たちが出会うことになる第4世代ブロックチェーンは、技術的な発展と未来の価値の上昇を待つことに止まらず
現在新事業適用の問題点を解決してすぐに活用可能であり、当該事業の参加者がすぐに収入を共有できる仕組み

Korea USA China Japan Thailand Vietnam Indonesia

プロジェクト情報

vexxプロジェクトはブロックチェーン基盤の第4世代収益拡張型プラットフォームです。


vexxプラットフォームは次世代の技術的な恩恵や価値上昇のような長期的な収益だけでなく、検証済みの高収益事業を通じたプラットフォーム参加者の即時的な収益の共有を実現し、持続的な戦略事業の拡張は持続的なvexxプラットフォーム参加者たちの収益上昇とこれによるコインの価値の自生的な上昇を実現します。

allpay会員だけの無記名グローバルallpayカード自動発給

allpay会員加入と同時に自動で無記名グローバルallpayカードが発給され、約15%の通帳取引率と約5%のカード発給率のベトナム市場でallpay会員だけのプライド金融サービスと便利さをご体験いただけます。グローバルallpayカードはallpayの残高の限度内で世界中どこからでも便利に使用可能であり、いつでもallpayチャージを通じて残高管理ができます。

How it works

vexxコインの仕組み

VEXX Coin & Allpay


プラットフォームはvexxコイン (value Exchange Coin) とVEXXペイ (Value Exchange Pay) の2つのコインを活用。VEXXペイはVEXXプラットフォームの広いサービス分野&全てのコインが持つ構造的な弱点を補完するためのプラットフォーム内のサブ概念で、VEXXプラットフォームの事業領域の中のフィンテックソリューションの通貨です。一般的に価値の変動幅が大きい暗号通貨の特性による貨幣相場の安定を主な目的とし、VEXXプラットフォームのフィンテックソリューションに使用されます。

ブロックチェーンの分散化技術を通じて低い金融インフラの中でも最適なサービスをご提供しますが、金融が持つ特性上、固定された価値の保存が必要な国際送金のような場合はVEXX Payの概念が使用され、VEXXコインとVEXXペイはプラットフォームアプリケーション内で連動活用できます。

VEXXプラットフォーム技術情報要約

  • 技術、速度


    VEXX Coinは10分当たり1つのブロックを生成するビットコインと異なり、2.5分当たり1つのブロックを生成するため、さらに早くコンファームされる。スクリプト (Scrypt) 基盤の代表的なライトコインはビットコインより3か月も早くSegregated Witness (Segwit) を導入することでこの技術に対する道を開拓する。この技術はビットコインとライトコインの速度を速め、取引手数料を引き下げるために非常に重要といえる。
  • Parameters(Elliptic curve parameters)


    ビットコインのECDSAと類似して楕円曲線上の離散対数問題 (elliptic curve logarithm problem) に基づいており、VEXX Coinの方式は将来ビットコインにも適用されるだろう。
  • トランザクション構造


    トランザクションアウトプットが可能であり、対応する秘密鍵で署名して他のアドレスに送ることができる。ビットコインの相違点は、あるユーザーが独特な秘密鍵と公開鍵を持っている場合、送信者は受信者のアドレスとランダムデータに基づいて使い捨て公開鍵を作り出す。この方式で同じ受信者に対するトランザクションは使い捨て公開鍵を通じて行われる。特定のアドレスにすぐに伝送はされず、正当な受信者のみが秘密鍵の部分を復元して資金を受信できる。
受信者はring signatureを利用して資金を消費することができ、所有権を維持しつつ匿名性を維持することができる。
  • 取引過程


    A. Bobは標準アドレスを公開しており、AliceがBobに暗号通貨を送ろうとする。Aliceはアドレスを分析してBobの公開鍵を得る。(A、B) B. Aliceはランダムのr(1、-2のうち1つ)を作り出して使い捨て公開鍵を計算する。
公開鍵P=Hs(rA)G+B. Aliceはoutputに対してPをdestination keyとして使用し、R値を解析する。R=rG(Diffie-Hellman交換の一部)または他の公開鍵を活用して他のoutputを作り出すこともできる。
D. Aliceはトランザクションを伝送する。E. Bobは秘密鍵 (a、b) を利用してトランザクションをチェックし、P0=Hs(aR)G+Bという内容を計算する。
もしAliceとBobのトランザクションならaR=arG=rA and P’=P.F. Bobは相応する使い捨て秘密鍵を得ることができる。x=Hs(aR)+b.したがってP=xGとなり、xで署名することで希望する時にoutputを伝送できるようになる。

VEXXプラットフォームの組織図

VEXXグローバルインフラ

VEXXはブロックチェーンを活用した暗号通貨、フィンテック、モバイルゲームを皮切りに、拡張する統合プラットフォームとしてベトナム、シンガポール、韓国、日本、ロシア、アメリカなど地域的な限界を克服した多国籍サービスの実現により多数の使用者に便りさをご提供し、VEXXコインを所有したプラットフォーム参加者たちと即時的に収益を共有します。